20代後半ADHD疑い blog

今までなんとなくまわりとへンだと感じつつ20数年

介護観

介護観などと書いてみましたが 四年半この高齢者介護に携わってきたので所感っていうんですか?書きつづって行きたいと思います

ケアテックジャパン 自走式 スチール製 折りたたみ 車椅子 ウィッシュ CS-10

 

私は大学2年に進学時に当時のヘルパー2級取得しました(今は初任者研修)

理由は早いうちにとった方が良いと言われた、学校で受けられるから安いだったかな

ただ正直早すぎたようで仕事に就く頃にはさっぱり忘れてたという(エヘ)

学生時代は社会福祉を広く広く学び 入社しました

ユニット型の介護老人保健施設(以下老健)でまず3年修行でしたね

老健は最期の時までいる施設ではありません 本来はおうちに帰って頂くのにリハビリをして出来ることを増やして帰って貰う施設です

病院で病気を治して 家に帰るために特訓しておうちに帰ると言い換えた方が分かりやすいでしょうか

ちなみに終身最期の時までのとなると特別養護老人ホーム(特養)だったり有料だったりします

政府の方針としては 在宅へお家で地域で暮らしていくってかんじですが

まあぶっちゃけ今の老健はお家に帰るよりも特養や有料に入る順番待ちなところがあるように感じます もっというと次を探しているならまだいいほうであわよければ最期の時までいさせてほしいみたいな家族もいます

※私が見た四年半のなかでは です すべてではありません

 

私は利用者にとって孫やひ孫世代に当たるため何故だかアイドル化している気はします

キャラとしてやりやすいのでこのままで突っ走るつもりです(20後半でやるようなことじゃない気もする)

四年半でユニット型、従来型見てきましたがどちらも大変です

少ない人数でどちらも回しています

ユニット型も本来は10人くらいを大体1~2人で見るって感じなんでしょうが 人いません無理です 状態です

春になると新人さんがどかっとはいってきます

制度改正で今後は介護福祉士を取った専門に勉強した子は減ります

実際にいま専門学校入学者少ないみたいですし

まあ新人さんは率先力ではないのでじっくりと育て上げます

 

介護の世界に入るまでは施設のなかではまったりした時間が流れていると思ってました

実際は日々戦争です ご利用者の日々の生活を守るためドタバタしているのが現状です

団塊世代がだんだん介護の必要になる世代になります

あくまで個人的に団塊世代はもの申す人たちだと思っています

正直 介護職そんなに高い給料貰ってません 今後もお給料上がる見込みないです

職員も人間ですので情だけではやっていけません情だけではいつかバーンアウト燃え尽き症候群)になります

体や心を壊してまでやっている職員もいます

というかそのうちの一人です

先日 某有料で3人落として死刑判決でた事件ありましたね

犯人を擁護するつもりはありません 

 

しかし 非常に厳しい状態で勤務し続けているのが実態です

介護世界は深刻な人手不足により誰でも入れるよう門戸を開けています

ただ 続けていけるかはどうかはその人の素質と周りの環境です

 

今のままでは確実に介護施設崩壊するでしょうね

お金ありなしで医療や介護の質に大きな違いが出るでしょう

今後の未来は明るくない気がします